2015素還真慶生會 高雄編 2015/04/27 (Mon)

4月27日 高雄散歩(?)


 今日も朝から太陽がギラギラと。暑~い一日の始まりだ。遅起きして朝食はのんびりホテルで草食系(笑)
ホテルで朝食
 お昼前くらいに高雄の朋友(昨日とは別の朋友である)とホテルで落ち合う予定になっていたので、朝食後はホテル周辺を徘徊。海の方に行ってみた。考えてみたら何回もこのホテルに宿泊しているが、周辺散歩をしたことって一度もなかった気がする(苦笑)
結局、何か大規模な工事していたので海辺まで行くのはやめ、そのままぶらつきながらホテルに戻ったのだが… 途中、高雄苓雅寮聖公廟を眺めつつホテルへの道を進むと、布袋戲のバナーを発見。あとで調べてみたら、2014年の8月末に、金鷹閣電視木偶劇團が聖公廟前で『正宗版權玉筆鈴聲一生傳』を上演した時の宣伝バナーと思われる。楼主にとっては霹靂と金光が馴染みあるものだが、こうしてみると本当に沢山の劇團があるということが分かる。さすが台湾の伝統芸能。昨今の某企業の営利主義を考えると、むしろ布袋戲の本質はこういう劇團こそ維持しているのかもしれない…
聖公聖媽廟
金鷹閣電視木偶劇團のバナー
あまりの暑さに隣接するデパートへ避難し、ウダウダ涼んでいると朋友から到着の連絡でレッツゴー。しばらく走ったところで腹ごしらえ、店の名前は知らない(笑) お味の方は…まぁ…どうなんでしょ(爆笑) 二度は無いな。
お昼
 実はこの日、今まで行ったことのない木偶屋『愛偶成痴』に行くことにしていたのだ。あまり知らない店だが、三昧堂の小金老師はこの店からよく木偶頭を購入しているそうだ。他に木偶の可動手の販売もしていて、楼主はその手に興味が… 事前に店に行く調整をしてあったが、場所は全く未知の区域。住所だけが頼りだ。朋友がそちらの方面に詳しかったので天の助け♪ 楼主的には距離が結構あると思うのだが、それほどじゃないと言いつつ乗せていってくれた。う~ん、やっぱり結構遠いぞ?ホテルから40分近く乗ってないか??? しかも教えてもらった住所に到着しても店は影も形もない。う~~ん??? 楼主のスマホ、素素peria(!笑)を見るとピカピカLINEのメッセージランプ。到着したら連絡してとのこと。せっかく朋友が一緒なので、その場でLINE電話して話してもらった♪ 
待つこと少々、ご夫妻がバイクで迎えに来てくれた。直接住所教えないのってもしかして●●対策? タクシーで乗り付けていたら結構困ったかも~と思いつつ、ここでも朋友に感謝。みなさん、行ったことがない木偶関係店に行く時は詳細に確認したほうが良いと思う。要注意。いっそのこと最初から迎えに来てもらう方向で調整しよう。(←そんな人そうそういないって)

 店に入ると…お、いるいる木偶が並んでる!やはり木偶が店にいると楽しい。紫版の素素もいるが、これは既にネットで見ていて、顔が気に入らずパスした経緯がある。でも造形は良い。果物と飲み物を出してくれた。まだ若い、感じの良いご夫妻である。(餌付けされたわけじゃないので、あしからず(笑))
肝心の手はというと…ふ~~んあんまり他の店のと変わらない。
木偶の手
大きな違いは青い関節ではなく白になっていること。実はこれが欲しくてコンタクトしたというのが実情だった。作り自体はちょっと独創的な天地同。金属部分に覆いカバーをかぶせている。ただ楼主的にはちょっとこれはパス。全体が固定されていない為、カバーだけズリズリ上下に動くのだ。でも白い関節は薄い衣装や白い衣装の木偶に使うと目立たないので良いなぁと。カバーは被せる気がないので、完成版ではなくバラバラの状態で購入。一式900元。こっちの方が良く接着できるよ、とグル―がん用のスティックも付けてくれた。これ、実はプロ用の口径がでかいやつじゃないと使えない。でもありがたくもらっておいた。だって使い方次第で使えるし(笑)  お礼を言いつつ店を後に。来るときと違ってもう少し近い道順があるとかで、朋友と何やら確認していた。老闆、ありがとう~~~
 時間がたつのは早いもので、もう夕方…まずはいったんホテルへ戻り、荷物を一抱え持ち出す。高雄の定番目的地である某木偶店へ向かう途中で夕食を食べることにした。あまり店の名前は記憶にないのだが、確か『華饌精緻麵食館』だったと思う。お味のほうはごく普通~。
華饌精緻麵食館
 食後、朋友は仕事関係の印刷業者さんに寄り道。デザイン・製作関係の独立した仕事をしているので、色々な素素グッズ作りの大御所でもある♪ おお、素素グッズ用の印刷してる! 朋友オリジナルの素素封筒用素材だ。業者さん、黄色が強すぎた色ミスでダメ出しされてたが(苦笑)。

 当然道に迷うこともなく無事お店に到着。時刻は9時くらいか。お店にはいつも通り木偶も並んでいる。でも素素はいないんだな…今回。その替わりで新版の慈郎ちゃんや釵釵木偶がお出迎えしてくれた。購入する木偶がいなければこれと言って何をするわけではないのだが、何故か何時も雑談モードに突入する。
素素の新造形が出るって知ってる?という老闆に、知ってるよ~と答え(別の某木偶店情報で知っていた)、どんなのかなぁと話すと…見たい? との一言が! え~当然見たい!見たい! 絶対内緒だよという老闆に、誓います~といいつつのぞかせてもらったスマホの写真… え、これ素素? 顔見えないし、衣装変だし? え?え? 当惑する楼主に、ほら唇が素還真でしょ、と老闆(苦笑) 兜とればちゃんと素還真だろうからとか何とか…。 う~ん…少なくともこの版に限っては当樓の住人にはならないだろう…Orz いやぁ、これ以上のコメントは避けよう。だって内緒だし。(って、暴露してるし)

出してくれた飲み物を飲みつつ、おやつを食べながら木偶を愛でる。う~ん至福の時間だ(笑) 出迎えてくれた葉小釵がハンサム。普通に出回ってる版とは違うんだよと言われたが、確かに全然違う。台北で見た某店の葉小釵も悪くなかったが、こっちの偶頭が断然良い。今回、素素のお相手(?)が欲しかったので、ちょっとグラグラ。でも値段がねぇ…ちょっとお高すぎなんだけど…でもねぇ…多分二度と手に入らないし、買わないとすぐに大陸に渡っちゃうこと確実だし…などなど頭の中でぐるぐる状態。結局清水の舞台から飛び降りちゃったという事は、アルバム見れば一目瞭然(笑) 仕方ない、顔が気にいちゃったんだから… 最近はほとんどが大陸客とのことだ。台湾のファンが買えないというのはなんか納得できないが、諸事情考えると仕方ないのか…? 根本的に何か間違っている気がするのだが… 
葉小釵
昨日購入した大量の霹靂グッズ他は、恒例で日本まで郵送してもらうことに。先に購入した木偶の手も一緒に送ってもらうのだが、手を買ったんだ、いくらだった?とか探りが入る(笑) 白いのが目だたないからいいんだ~と言うと、じゃぁ今度白いので作ってあげると言われた。でも青いほうが良いんだよと老闆。なんでも曲げた時の曲率が違うそうだ。そんじゃ確認とばかりに青いのと白いのを曲げてみると…ほんとだ!若干だが青い方が曲がる。ポーズ付ける時には青い方が良さそうだ… でも白い方が目だたないんだけど… 青いのに白い布かぶせれば見えないよ…うんうん…確かに、実は今もそうしてる…う~っと、悩み中。まぁ曲がりやすい方が良いかも(笑)。 何れにせよ白が良ければそれで作ってくれるので一件落着。

 ふと気がつくと、深夜を軽く超える時間。(驚) あわててチャイチャイを梱包してもらい、荷物は全部預けてお別れ。それにしても、店に軽く4時間以上もいたことに?!嘘みたい… ちなみにお高いチャイチャイのお支払は後でいいよ…と。お持ちかえりだけしちゃっていいのか?!逃げちゃうぞ?(爆笑) 少しレートがましになった時に忘れないうちに一気に払ってしまおう…(破産しそうだけど)

 深夜2時過ぎの高雄の道路は人も車もほとんどいなかった…静かだぁ。ホテルで降ろしてもらい、朋友とさようなら。一日お世話になりました!今度何かグッズ作って持ってきます~ 色々多謝でした♪

 余りにも遅い時間だったので、シャワー浴びて速攻で寝る。明日のチェックアウトは12時ギリギリでいいや… お休みなさい。
comments(4)

* P diary R 1.16 *